コンテンポラリーダンス

 

 『ト・モ・ダ・チ』

 

  振付・構成:谷口芽維(4年)

 

  照明デザイン:後藤麻衣(4年)

 

 

誰よりも優位にいたい。

1番にかっこよくいたい。

誰だって“私”が大切。

 

楽しい、嬉しい、怒り、傷つき、

苦しめ合い、悲しみ、助け合い…

 

トモダチは時に敵になり、味方になる。

 

そして、“私”は…。

 

【 意気込み 】

学生生活、そして、大学4年間の集大成として、卒業プロジェクト舞踊公演「Performing Body 2015」へ参加させて頂きました。

「一人として、同じ人間がいないこの世の中。誰かに必要とされたいと思えば、独りで、誰とも関わりたくないこともあり、だからといって放っておかれるのは寂しく、構って欲しい。誰よりも一番でいたくて、邪魔されたくない。自分で自分がわからなくなる。」そんな思春期の女の子をテーマに創作させて頂きました。

観て頂くお客様に「経験したことあるな」と少しでも思って頂けたら幸いです。


【 出演者 】

3:幸田那由多 本郷千洋

2:片山由里恵 中村紗也 長澤香歩


 

 

 『ことば。』

 

  振付・構成:黒野亮平(4年)

 

  照明デザイン:堅田麻理奈(4年)

 

 

 人々が常にもっている言葉。それは、多様な姿があり時に変化、変容し、多用されるもの。それは、内外部と連携し「自分」を知覚させるもので、心の中の記憶を思い起こし、その事象をも思い起こすものである今、自分がもっているその言葉は、はたして自分のものだろうか、それとも他人のものだろうか。その答えは、あなたの身体だけが知っている

 

【 意気込み 】

初めまして。今回「ことば。」の振付・構成させていただきました。黒野亮平です。この作品のテーマは、作品タイトルにありますように「ことば。」です。手紙のやり取り、季節を基盤に、言葉の世界を表現したいという思いで創作いたしました。なぜ「ことば。」に「。」があるのか。それは、手紙の文章において「。」は大事な部分でもあると私は思っているからですが、ところで皆さんは「。」をなんてお読みになりますか?


普段、何気なく使っている言葉について、今一度考えたいなと思います。 

 

【 出演者 】

 

4:斉藤麻美

3:柴田京

2:井上知優 目方潤 

 


 

 『Anamorphose』

 

  振付・構成:ボートメア・ジュリ・雪花(4年)

 

  照明デザイン:堅田麻理奈(4年)

 

 

自分が見る自分と他人が見る自分は必ずしも同じではない

他人が見る自分になる必要もない

 

では何故他人の目を気にするのか

 

自分とは

 

【 意気込み 】

私の卒業プロジェクト舞踊公演初参加は、キャットウォークに身を潜め、先輩に羽根を降らせる仕事でした。

より良いものを創り上げることに情熱を注ぐ、プロジェクトメンバーの1人になれた事がとても嬉しく、今でも忘れる事が出来ない大切な思い出です。

 現在最上級生となり、あの時感じた緊張感、充実感、わくわくする気持ちを、後に続く人達に少しでも伝える事が出来たらと思っています。

 

 そして今回、私の作品にも、より良いものを創り上げようと沢山の方々が力を貸して下さっています。

私を支えて下さる方々のため、公演に足を運んで下さる方々のため、そして自分のために、頭と身体と心をフル動員させ、作品と自分自身に向き合う日々です。

これまでの思いや、経験、感謝を凝縮させ、皆様にお届け致します。

 

【 出演者 】

 

 4:ボートメア・ジュリ・雪花


 

 

 『それはとても単純で』

 

  振付・構成:笠井利恵(4年)

 

  照明デザイン:後藤麻衣(4年)

 

 

~風に揺れ、そこに咲くだけ~

 人は、時に深く傷ついて、涙を流すこともある。それは特別なこと?

一方、雨に濡れても、風に吹かれても咲き続ける野の花たち。彼らは知っている。それが生きている証だということを。風に揺れ、そこに咲き続けるしかないということも。

 私たちは知るのだ。それだけで十分に美しいということを。そして、ふたたび歩き出す。ようやくそれぞれに花の心が宿るようになってはじめて、希望という名の命が灯される。

 そのとき、コンクリートから伸びる草花も私たちも、ただ生きているだけのもの同士として、握手する。

 

【 意気込み 】

 コンテンポラリーダンス作品「それはとても単純で」は、ダンサーの身体から漲るエネルギーと、溢れ出す感情を発動し、大きな世界の中で「生命」を感じるということをテーマにしています。

 人と人が支え合うことで存在するコンタクトワークを積極的に取り入れ、個から他者、そして世界に視野を広げられることができたらと思っています。 

 また、プロダクションが一体となって舞台を創り上げるというパフォーミング・アーツ学科の特長を活かし、舞台上を彩る照明や、存在感のある装置、こだわった衣裳などにもぜひ注目してください。

 限られた時空間の中でも世界を広げ、生命の力強さとあたたかさを感じて頂けるように頑張ります!ぜひお越しください!

 

【 出演者 】

3:大城若菜 鎌田さやか 幸田那由多 高野萌 原山佳菜 本郷千洋

2:金子恵 西田美紅 舞木愛夏 吉田聖菜